トウネツは熱技術で素晴らしい未来を創造します。

株式会社トウネツ 製品紹介

最新製品

製品 使用目的 特徴 備考
ALST アルスト ノンストーク型定湯面式低圧鋳造用三槽炉 ・低圧鋳造機械の前炉
・アルミニウム溶湯の保持・加圧

保持室、加圧室、出湯口の三槽に分離された構造

1.ストークレス:消耗部品(ストーク)をなくし維持コストを抑えるとともに、ダイベース下の清掃頻度を低減。
2.加圧室のコンパクト化:捨て打ち量が少なく、加圧気体の使用量も抑えられるため酸化物が減少し、大幅なアルミロスの抑制が可能。
3.保持室と加圧室とをストッパーで分離:二槽炉同様、保持室への常時給湯・連続鋳造が可能。製品品質と生産量アップに貢献。

国内・海外で50台以上の納入実績
特許取得済
国内特許番号:No.4615300(中国・韓国でも同内容で取得)、No.4519806
※2016日本ダイカスト展示会出展品

図:一槽式、二槽式(トウネツ従来製品)と比較したALST(三槽式)の特徴 低圧鋳造法の比較
製品 使用目的 特徴 備考
アンダーバーナー炉 ・アルミニウムの溶解(液中溶解)、保持
・ガスバーナーによるアンダー加熱

電気ヒーターではなく、ガスバーナーによるアンダー加熱。

1.センター排気:空気が排気管の外側から供給される構造のため、バーナー挿入部(炉壁内)の過熱を防止し、湯漏れを回避。
2.高効率の熱交換構造:空気と排ガスとの熱交換率が非常に高いため、エネルギー効率の高い加熱が実現可能。
3.電気より高出力:ヒーター1本あたりの出力が電気タイプよりも高いため、より少ない本数のアンダー加熱が可能。省スペース・エネルギーコストを削減。

特許出願中
※2016日本ダイカスト展示会出展品

バーナーサイズ:1250mm×φ155mm
出力:48kW
ガス:LPG・LNGに対応
保持容量:500kg〜対応可能
本製品は開発中のため、予告なしに仕様等を変更する場合があります。

製品紹介

  • グラビティダイカスト炉
  • LP炉
  • 溶解炉・溶解保温炉
  • セラミック成形品
  • 研究開発製品
  • 真空&加圧焼結 超急速冷却炉
  • 真空&加圧脱脂焼結炉
  • 横型真空&大気圧脱脂焼結炉
  • 超高温 真空&加圧熱処理炉
  • その他工業炉
  • その他
このページの先頭へ戻る